本文へスキップ

塾講師として気をつけたいこと

塾講師として気をつけたいこと

反省を活かす

塾講師の仕事をする時は一筋縄ではいかないことが多く、成功をすることもあれば失敗をすることもあります。失敗をした場合は何がいけないかを考えて反省するきっかけにすると改善できるため、経験を通して新たなきっかけをつかめるように取り組むことが大事です。塾講師は人と接する仕事のため、生徒の考えていることを理解しながら講義を進める必要があります。

塾講師の仕事はメンタルが強くなければ長続きしないことが多く、講義を終えてから反省材料を見出して改善することを意識することが重要です。人に教えることはコミュニケーション能力がなければ厳しいことが現実で、経験を通して慣れると今後の人生につながります。講師に対する評価は人それぞれですが、生徒から信頼されるためには親身になることや熱意を感じるようにすることが大事です。

塾講師の仕事をする時は講義をするたびに反省すべきことが分かるため、メモを取りながら思い起こせるようにするときっかけをつかみやすいです。人と接する場合は相手が求めていることを把握し、強制的にやらせることでなくサポートをすることを意識して臨む必要があります。反省をする時は足りない部分を補えるようにすることを心がけ、同じ失敗を繰り返さないようにすることが重要です。

ページタイトル